特定非営利活動法人 食品と暮らしの安全基金
                               

団体名 特定非営利活動法人 食品と暮らしの安全基金
団体名 ふりがな しょくひんとくらしのあんぜんききん
団体キャッチコピー 1000年先の子どもたちに明るい未来を残そう!

代表者
氏名 小若 順一
氏名 ふりがな こわか じゅんいち
 
住所  

団体連絡先
氏名 菊地 知江
氏名 ふりがな きくち ともえ
338-0003
住所 埼玉県さいたま市中央区本町東2-14-18
電話番号 048-851-1212
FAX番号 048-851-1214
E-mail mail@tabemono.info
連絡可能時間 10時から18時

基本情報
ホームページURL http://tabemono.info
活動カテゴリー 子育て、ファミリーサポート、保健、健康、医療、国際交流、多文化共生、平和、消費者保護、生活支援、ライフスタイル、まちづくり、住環境、自然、環境、生き物共生、情報、先端技術、インターネット、行政ウォッチ、政策提言
活動開始年月 1984年2月
法人格の有無 特定非営利活動法人
法人格取得年月 2000年7月
主な活動エリア 中央区
日本
世界
主な活動場所・施設 さいたま市中央区事務所、与野本町コミュニティセンター、産業文化センター、全国講演
活動日 イベント・勉強会・交流会を不定期で行っています
活動頻度 不定期
活動時間帯 不定期
会員の主な年齢層  
会員制度の有無  
入会金の有無  
会費の有無  
会報名  
市民へのアピール 独自の調査・検査した情報など、濃密な情報を配信している市民団体です。
原発事故後は、放射能から子どもを守る活動をしながら、ミネラル不足への対策を発信しています。
「ミネラル摂取でできる健康づくりと放射能対策」などのテーマで講演会・勉強会・交流会も行っています。
活動内容紹介 市民が資金を集め、食品や暮らしにひそむ化学物質の安全性について自らテスト、調査を行って調べていこうと、1984年に市民団体「日本子孫基金」としてスタートし、2004年に「食品と暮らしの安全基金」に名称を変更しました。
私たちの活動は、「食品と暮らしの安全を守り、環境の保全を図るための先進的な新しい人権擁護活動」と評価され、2004年に東京弁護士会人権賞を授与されています。
活動の主体を調査報道におき、月刊誌「食品と暮らしの安全」や出版物、講演会、ホームページ等で情報を発信しています。
まずは、当団体のホームページをご覧ください。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター