緑プロジェクトK
                               

団体名 緑プロジェクトK
団体名 ふりがな みどりぷろじぇくとけい
団体キャッチコピー 緑を通じて、育てる楽しさ、収穫の喜び、そして命の大切さを伝える活動。

代表者
氏名 矢島 明
氏名 ふりがな やじま あきら
 
住所  

団体連絡先
氏名 矢島 明
氏名 ふりがな やじま あきら
 
住所  
電話番号 090-1618-3137
FAX番号  
E-mail  
連絡可能時間 12:00〜13:00
18:00以降

基本情報
ホームページURL  
活動カテゴリー 生涯学習、社会教育、生きがい、自然、環境、生き物共生、自治会、地域活動、区民会議
活動開始年月 2003年5月
法人格の有無 なし
法人格取得年月  
主な活動エリア 日本
主な活動場所・施設  
活動日 イベント時にハーブの苗や種を、緑に親しみを持って貰うチラシをつけてプレゼントしている。
活動頻度 年に1〜2回の活動を目標にしている。
活動時間帯  
会員の主な年齢層 30代 40代 60代 70代
会員制度の有無 なし
入会金の有無 なし
会費の有無  
会報名  
市民へのアピール 拝啓
目にとめて頂いた皆様へ
 私こと、農家の長男で生まれ、農業が大好きで、「百姓」の素晴らしさを子どものころから感じて育ちました。・・・小学生の頃、私が栽培した珍しい野菜を、田舎のイベントで売りました。当時、ナマで食べられるかぼちゃなど、見たことがない時代でしたが、知らないおじさんも「おい坊主、これ食えるのか?」と、「うん。食べられるよ。」
子どもの言う事を信じてかぶりついてくれた食べっぷりと、にかぁ~と笑うおじさんの笑顔に、作る喜び、育てる喜び、売る喜びを感じたものです。
・・・今の子どもたちや、大人も含め、「緑」や「食」、「人との関わりの楽しさ」を伝えたい。100の商売・技術を有する百姓の楽しさを伝えたいと考えております。
 皆様の健康にも心にも、「緑」は大切と、ふと思っていただけるきっかけになれば幸いです。・・・お目にとめていただき、ありがとうございました。
敬具
活動内容紹介 「安全第一」の意識を持つことは、何事をやるにも大事なことだと最近、考えるようになりました。
 そこで、「草刈り機講習会」を開催し、受講いただくことで、安全への意識を高めていただきつつ、農業関係への豊かさと厳しさを理解していただければと考えております。
 当団体の草刈り機講習会に協力していただける方々も徐々に増えつつ・・・「畑や かとうふぁーむ」、「農業生産法人 株式会社 ジーワン」、ご協力ありがとうございます。
 でも、「草刈り機を扱うことはないよ」との人もいらっしゃいますが、食事はとりますよね。
 近年、有機農業など健康・体によい農業が広まりつつあります。家庭菜園も健康に良いと思います。
 ところが、栽培する現場では、草との戦いが繰り広げられ、ややもすると、草に敗北しそうになります。 そこで、登場するのが草刈り機。除草剤は使いたくないですからね。
 現場を知り、食事(食卓)を改めて考えるとき、心と体が、より元気になるのではないでしょうか?
 自分たちの食卓を守るため、あなたも、有資格者となって「草刈り隊員」として日々の暮らしに活かしてみませんか。
(安全第一の意識を持って日々暮すでOK)・・・座学の中では、熱中症に関しても学べます。
とにかく、「安全第一」。
 何もしなければ「安全」かもしれません。でも、一歩前へ、チャレンジしてみませんか?もちろん、「安全第一」を意識して。(チェーンソー講習会、ミニショベルの講習会もはじめました。)
 緑プロジェクトKでは、草刈り機講習会などのイベント時にハーブや野菜などの小苗をプレゼント♪、「緑」や「食」、「楽しさ(笑顔)」を感じていただけたらと、ふと、私たちの自己満足?と時に思いながら、でも、そういう活動をしています。草の根運動でね。…「草刈り隊」は、草の根は守りますから(笑)♪。2010年12月には幕張メッセ国際展示場において、ハーブや野菜苗、アロエの大鉢など展示ができました。展示したアロエは市貝町役場に贈呈。
 食べ物の安全・安心は必要です。加えて、我が身の安全も大切ですよ。と、多くの方々の心に届けば、農業への理解も広がり、交流のきっかけにつながれば、ちょっとだけ、みんな、笑顔になれるかな。
 世の中にお疲れの方々も、ちょこっと笑顔?に、なってもらえたら幸いです。
…ラストまで読んでいただき、ありがとうございました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター