大宮郷土史研究会
                                 

団体名 大宮郷土史研究会
団体名 ふりがな おおみやきょうどしけんきゅうかい
団体キャッチコピー 大宮の歴史は大宮郷土史研究会

代表者
氏名 織本 重道
氏名 ふりがな おりもと しげみち
337-0053
住所 埼玉県さいたま市見沼区大和田町2−663

団体連絡先
氏名 織本 重道
氏名 ふりがな おりもと しげみち
337-0053
住所 埼玉県さいたま市見沼区大和田町2−663
電話番号 048-684-8144
FAX番号 048-684-8144
E-mail omiya_kyoudoshi@yahoo.co.jp
連絡可能時間  

基本情報
ホームページURL http://omiyakyoudoshi.blog66.fc2.com/
活動カテゴリー 文化、芸術、スポーツ
活動開始年月 昭和44年9月
法人格の有無 なし
法人格取得年月  
主な活動エリア 西区
北区
大宮区
見沼区
主な活動場所・施設 桜木公民館
活動日 原則として月2回 日曜日と木曜日
活動頻度 原則として月2回の例会・講演会・学習会、年6回の見学会、年1回の共同調査
活動時間帯 原則として日曜日の例会は13:30〜15:30、木曜日の例会は18:00〜20:00
会員の主な年齢層 50代 60代 70代
会員制度の有無 あり
旧大宮市域の歴史に関心のある方
入会金の有無 なし
会費の有無 あり 4,000円
会報名 機関誌「大宮の郷土史」(年1回発行)、連絡誌「あしあと」(年4回発行)
市民へのアピール 大宮郷土史研究会は、主としてさいたま市の旧大宮市域を中心とした歴史の調査研究、講演、会員の研究発表、見学会等を行っています。
昭和44年に創立し、会員は現在70名です。
旧大宮市域の歴史に関心のある方はどなたでも入会できます。

活動内容紹介 11月1日(日) 講演会 北村勝史先生(幟旗研究家)「江戸期の幟旗の魅力」
11月8日(日) 見学会 案内:多々良茂会員「下総・松戸」
11月19日(木) 例会 あんなこと・こんなこと 3
‐山 光会員 春日左衛門戦死の地「亀田新道」の現在地番の確認について
⊃椡福/硫餔 上落合の今とこれから
12月6日(日) 例会 織本重道会員「島・薬王寺共同調査報告」
1月17日(日) 江戸東京散歩 案内:松岡忠男会員「浅草界隈」
1月31日(日) 例会 沼田尚道会員「大宮公園・盆栽村を訪れた文人たち」
2月7日(日) 講演会 栗原史郎先生(久喜市文化財保護課)「本多静六と大宮公園」
2月20日(土) 見学会 案内:織本重道会員「大間木から木曽呂、芝川第一調節池へ」
3月6日(日) 例会 あんなこと・こんなこと 4
/ニ椽兎参餔 片倉一族と大宮
多々良茂会員 明治期の埼玉県の酒造家について
3月13日(日)見学会 岩槻地方史研究会連携事業「日光御成道 鹿室〜岩槻」


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター