田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               
活動報告一覧
件名
恒例の草焼きは1月16日(水)の予定です
ツユクサの立ち枯れた姿は芸術的でした
3年続きの暖かな立冬でした
ノコンギクが今を盛りと花開いています
ユウガギクの白い花が観察路を覆い始めました
ヤブツルアズキが倒伏地を占拠していました
白露の自生地は秋の草花の楽園のようです
コバギボウシが全域で見られるようになりました
今年の8月7日は文字通りの立秋でした
大暑の自生地を彩るオレンジ色のオニユリの花
全域で多くのノカンゾウの花が見られました
ノカンゾウ、トモエソウなどの一日花が鮮やか
さいたま市議会でも田島ケ原サクラソウ自生地の危機的状況が話されました
ノカラマツ、オカトラノオ属シオデ咲く自生地
チョット長居をし過ぎてコゲラが可哀想だった
今年のサクラソウの種子には大いに期待だ
チョウジソウ(丁字草)がもう花の盛りです
暖かい日が続き植物たちの生長が活発!!
2018年のサクラソウの開花は19日でした
サクラソウ自生地に緑がほのかに見えました
やはり全体的に芽生えが遅い感じです
3年振りでサクラソウが芽生えていませんでした
オカトラノオ属が全域で花をつけています
大きい口径のカメラを持った人で賑やかです
曇り空の寒々しい小寒の自生地でした
自生地は刈り倒しが終わり視野が広がりました
1月17日の草焼きの準備が始まっていました
ものみな静かな小雪のサクラソウ自生地
11月15日観察会はさくらそう水門の見学でした
ジョロウグモが産卵の季節のようです
未明から朝にかけて台風21号が直撃でした
ユウガギクに多くの虫たちが訪れていました
秋の貴婦人フジバカマが花を咲かせ始めました
今年はツルフジバカマの当たり年のようです
コバギボウシとセンニンソウが花盛りです
今年の立秋もホストはコバギボウシです
サクラソウ自生地のますますの乾燥化が心配です
蔓植物が繁茂し始め、オニユリの花はまだです
神田治吉さんを偲ぶ会が行われました
わざわざ輸入しておいて要注意外来生物とは?
自生地では柳絮が風に舞っています
チョウジソウとレンリソウが花盛りです
チョウジソウが開花しトダスゲの小穂も大きい
サクラソウの見頃はやはり10日前後でしょう
花の名札の設置が行われました
3月25日から守る会の今年の現地活動開始しました
今年のサクラソウの初咲きはA区でした
ヒロハアマナとアマナも花開いています
寒の戻りの自生地には現実の雨水が欲しい
自生地にアリスイが現れ時ならぬ賑わいでした
文字通り厳しい寒さの大寒でした
雨は11日の草焼きの後にして欲しい
オギやヨシが刈られ見通しがよくなりました
菊がたった2輪花まで紅く色づいて咲いていました
小春日和を通り越して暑さを感じる小雪でした
枯葉がかった所は多くなった倒伏地でしょうか
ノコンギクは花の盛りで、ユウガギクもまだまだ
シロバナサクラタデの雌花に出会えた10月観察会
アキアカネの群舞は見られなくなっています
倒伏地が拡大しているのは由々しき問題です
ヤブツルアズキの花が全園で見られます
サクラソウ自生地にいよいよ花の季節到来です
観察路は大部分が冠水していました
コバギボウシはキジカクシ科になりました
ニイニイゼミが乱舞し、ハナグモが獲物をゲット
雨の中8名が集合、和やかな観察会になった
コガネグモが巣作りを始めていたようです
18時のサクラソウ自生地は真昼の明るさでした
2016年第一回観察会は6月15日に実施
オカトラノオ属やノカラマツが開花しています
初夏の爽やかな草地が広がっていました
2016年の立夏は夏の太陽が降り注ぎました
自生地に暖かい陽射しが降り注ぎ初夏の趣です
現地での案内活動は11日目にして初めて中止
現地活動は3月25日〜4月24日までの予定
サクラソウの初咲きは16日だったようです
アマナもヒロハアマナも花開いていました
さくら草まつりのポスターに掲載の経緯
雨水は4月上旬並みの暖かさでした
自生地はヨシがまだそのまま残されています
サクラソウ自生地は一面の雪景色です
ようやくコカモメヅルの旅立ちが見られました
車の標識が歩行者を惑わす最大の原因です
2016年の草焼きは1月13日(水)です
時折霧雨舞う小雪の自生地はもの皆静かでした
自生地は枯葉色の世界に変身していました
ノコンギクが盛りを迎えユウガギクもまだ花が
10月観察会はユウガギク咲き乱れる好天でした
台風23号の影響で強風が吹き荒れました
アキノノゲシが満開で、ヒガンバナは少し遅い
ナンバンギセルがススキの大株に群生しています
雨に濡れたナンバンギセルは色鮮やかです
イチモンジセセリが全域で飛び回っています
コバギボウシが全域で花を咲かせています
ジャコウアゲハが大量発生しそうです
シオヤアブの狩りも見られた「十五日観察会」
ノカンゾウが花と蕾と実を一緒に付けています
今年の夏至は4年ぶりに6月22日です
第1回目の観察会はイヌヌマトラノオが花盛り
サクラソウの櫺未割れて中が見えました
ハナムグラが咲きノカラマツが蕾をつけています
立夏のサクラソウ自生地は乾燥し切っていました
前線の通過で荒れ模様だった2015年の穀雨
安心したかのように花開いていたサクラソウ達
今年の見ごろは4月第2週くらいと思います
サクラソウの初咲きは19日でした
春一番に咲くヒロハアマナが花開きました
雨上がりの自生地は暖かく晴れ渡りました
サクラソウの芽生えも見られました
今の時期には珍しく賑わいました
草焼きは好天に恵まれ無事終了しました
14日の草焼きの準備が始まっていました
猛禽類が地上に舞い降りてきました
出会った生き物はモズ一匹でした
次世代へのバトンタッチを開始していました
風は強かったものの暖かい立冬でした
11月の観察会も無事実施できました
自生地にも枯葉色が混じるようになりました
さながらユウガギクの花の里のようです
自生地は初秋の花に彩られています
猛暑の影響か?今年は秋の花が早そうです
白露と中秋が重なって自生地も露がいっぱいでした
9月の観察会は雨模様にも拘らず実施しました
コバギボウシにホウジャクが飛び回っていました
コバギボウシが盛りで、ミズタマソウも見られます
8月ついたち観察会は猛暑にも和気あいあいでした
オニユリが咲きバアソブやシロバナサクラタデも
オトギリソウは明るい昼間に花開きます
憂いを忘れるノカンゾウが旬です
オカトラノオ属が花穂をたわませています
オカトラノオ属が花を咲かせ始めました
サイカチとマユミが花で満艦飾です
チョウジソウが花盛りでレンリソウも増えました
今年の穀雨はさくら草まつりと重なりました
サクラソウ自生地の見頃は10日前後です
2014年の現地説明活動を開始しました
サクラソウの小さな蕾が観察できました
今年は花が全体的に遅そうです
平成26年活動準備会が開かれました
ハンノキが花を咲かせ、花粉を飛散しています
今年の立春は真冬並みの寒さでした
草焼き後の自生地は年間で一番広く見えます
第7回の草焼きは短時間で終了しました
2014年の小寒は寒の入りらしい一日でした
一陽来復の言葉がぴったりの朝でした
降り敷いた落ち葉を踏む音が軽やかでした
桜草公園の桜が紅葉し富士山が遠望できました
雨に濡れた自生地は色濃く変化していました
ノコンギクが花の盛りで群生が見事です
観察路が水没しアメンボがいました
ヤブマメが全域で花をつけ将に秋たけなわ
自生地で初めてナンバンギセルが見られました
今年はヒガンバナが満開です
いよいよ秋の草花の競演です
猛暑になった日曜日の9月観察会
センニンソウが群がって花を咲かせています
ヒルガオは万葉の昔から親しまれています
カブトムシ達とも出会った8月観察会
オニユリの花が自生地を彩っています
ゴマノハグサの花らしくない花が見られます
ノジトラノオが見事な花穂をつけています
サクラソウ自生地は乾燥し切っています
第1回はラッキーな「ついたち観察会」でした
特別天然記念物碑はほとんど見えなくなりました
レンリソウは当分楽しめそうです
2013年の現地活動は26日終了しました
アマドコロが全盛でチョウジソウも各所で
チョウジソウが早くも見ごろを迎えています
チョウジソウがいつ花開くのか楽しみです
4月8日のサクラソウ自生地模様
6日、7日のボランティア活動は中止です
4月4日現地案内活動を開始
今年のサクラソウの開花は16日でした
ノウルシがはや花をつけ始めました
サクラソウは昨年より芽生えが早そうです
サクラソウ自生地は褐色の世界です
田島ケ原サクラソウ自生地の草焼きが終了
草焼きは1月30日(水)に変更のようです
16日に自生地の草焼き予定です
今日は一陽来復、太陽復活の日です
コカモメヅルが旅立ちの時を迎えています
観察路を彩っていたユウガギクが見られません
2012年立冬の自生地は小春日和の好天でした
今年の霜降は重陽の節句と重なりました
自生地はオギの白い穂が目立つようになりました
猛暑の影響でヒガンバナの開花が遅れています
2012年白露の自生地の朝は爽やかでした
2012年の処暑の陽射しは焼けつくようでした
2012年立秋の朝は青空が広がりさわやかでした
2012年大暑の空は厚い雲に覆われていました
2012年の小暑の自生地はノカンゾウが花盛り
2012年の夏至にはトモエソウが咲いています
2012年の芒種は前日と違って程よい曇空でした
2012年の小満は金環日蝕が見られました
多くの人が訪れ白花サクラソウが開花しました
2012年の立夏は朝から青空が広がりました
2012年の案内・説明活動を終了しました
思ったより多くの人が訪れていました
白花サクラソウが蕾を持ち、アマドコロの花も
今日10日から15日頃が見頃のピークです
自生地ではサクラソウの見頃が一番難しい
ようやくサクラソウの花群落が見られました
石碑近くの蕾も28日の午後に開花したようです
田島ケ原サクラソウ自生地で活動を開始しました
桜草の開花は遅かった昨年より遅そうです
平成24年の守る会の活動準備会が開かれました
サクラソウ自生地の草焼きが無事終了です
18日の草(野)焼きの準備が始まっています
1月18日にサクラソウ自生地の草(野)焼き予定
初めての忘年会で親近感がより深まりました
実験圃場のヨシ刈りを実施
草刈りの説明会が行われました
10月3日の田島ケ原サクラソウ自生地

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター