特定非営利活動法人 食品と暮らしの安全基金
特定非営利活動法人 食品と暮らしの安全基金
私たちは、さいたま市で活動をしている市民団体です。「1000年先の子孫を守りたい」として発足しました。
これまでポストハーベスト農薬、環境ホルモン、遺伝子操作食品、抗生物質耐性菌、ダイオキシン、防虫剤、原発・エネルギー問題などをテーマに毎月発行の月刊誌「食品と暮らしの安全」で情報を発信しています。
3.11以来、放射能汚染による健康被害を軽減するために、全力を尽くし、調査・情報発信しています。
活動報告
チェルノブイリ子と孫への健康調査チェルノブイリ子と孫への健康調査
小児ガン(ウィルムス腫瘍)の子。 お母さんは1986年7月7日生まれ。 遺伝的影響の可能性が高い。 (「家…
絵本冊子「子どもの命を守りたい」を作成しました絵本冊子「子どもの命を守りたい」を作成しました
「将来の子どもたちを守る」ために、 美術家・早川聡子さんの愛情がこもった絵と文で、放射能による遺伝…