うらわ建築塾
うらわ建築塾
浦和のまちは、中山道が天下の五街道に指定された約400年前に歴史に登場しました。その後、明治4年に埼玉県庁が置かれ現在に至るまで、住まいをはじめその建築の形を変えながら、結果としてのまちの姿も変化し続けてきました。現在も大きく変貌する浦和のまちには、歴史的な環境や近隣コミュニティ環境の劣化などの課題がありますが、「うらわ建築塾」では過去・現在・未来のまちと建築の作法を学びながら、浦和のまちをより「住み心地」のよいまちにするための市民の活動を応援していきます。