サポセン会議室ホーム > 市民活動サロンの部屋

カテゴリ  市民活動サロン
テーマ 市民活動サロンの部屋
コメント 市民活動サポートセンターで毎月開催している、「市民活動サロン」に関する会議室です。
市民活動サロンは、原則として毎月第4火曜日の夜7時から行っている小さな勉強会です。私たちが直面している社会的課題や、市民活動団体がそれぞれに取り組んでいる活動事例などを議論の素材として、参加者誰もが気軽に参加できるサロン形式の場です。
この会議室は、市民活動サポートセンターのラウンジで実施している「リアル・サロン」と連動し「バーチャル・サロン」として議論を深め、市民活動の本質に迫ろうというささやかな試みです。
 
記事一覧へ

タイトル Re: さいたま市の外国人サポートを考える市民活動サロン
投稿者 投稿者:スタッフ:サロンパス
投稿日:2009/12/04 14:15:46
こんにちは。サポートセンタースタッフのサロンパスです。先日、第6回市民活動サロン「となりの席は外国人」が行われた寸前に、こどもがインフルエンザに見舞われてしまい、急遽出席ができなくなりました。残念でした!
市民活動サロンで地域の国際化に関するテーマを取り上げてみませんかとスタッフに背中を押された時に、思わずサポートセンターでは“となりの席”はいつも外国出身の私がいるではないかと浮かび上がりました。
台湾出身、18年前留学に来日、国際結婚、異国の子育て、PTA役員、自治会の役割の引き受け、ボランティアへの参与、とサポートセンターに就職。18年歳月の流れ、今、県内12万人近くの外国出身者が暮らしています。「となりの席が外国人」だけではなく「となりの席も外国人同士」という場面も珍しくないです。
昨今、不況で日本でも倒産や解雇や賃金カットなど経済状況が厳しくなり、日本で生活している外国人にも大きい影響を及んでいます。
就学・留学、就労・就職、国際結婚など日本に生活する以上、外国出身の私たちにとっては、言葉の壁にぶつかりながら日本社会、そして地域とのコミュニケーションを図らなければならないのです。
「多文化共生」が求められてる時代、国際交流も身近に感じるようになりました。さあ、あなたも地域レベルの国際交流を取り組みませんか。
現在、この投稿に対する返信は…

さいたま市の外国人サポートを考える市民活動サロン スタッフ:So - 2009/11/16 17:33:19
Re: さいたま市の外国人サポートを考える市民活動サロン スタッフ:サロンパス - 2009/12/04 14:15:46
記事一覧へ
前の画面へもどる ページトップへ