サポセン会議室ホーム > 市民活動サロンの部屋

カテゴリ  市民活動サロン
テーマ 市民活動サロンの部屋
コメント 市民活動サポートセンターで毎月開催している、「市民活動サロン」に関する会議室です。
市民活動サロンは、原則として毎月第4火曜日の夜7時から行っている小さな勉強会です。私たちが直面している社会的課題や、市民活動団体がそれぞれに取り組んでいる活動事例などを議論の素材として、参加者誰もが気軽に参加できるサロン形式の場です。
この会議室は、市民活動サポートセンターのラウンジで実施している「リアル・サロン」と連動し「バーチャル・サロン」として議論を深め、市民活動の本質に迫ろうというささやかな試みです。
 
記事一覧へ

タイトル 本当に必要な市民活動の「支援」とは?
投稿者 投稿者:スタッフ:オウジ
投稿日:2009/08/26 20:35:06
 第4回市民活動サロンは葛飾区の市民活動支援センター施設長、三好義仁さんをゲストに、「指定管理者制度」「中間支援(市民活動支援)」について話合いました。
 行政職員、指定管理者、これから施設づくりを検討している地域の担当者、利用する市民の方など、様々な立場の方の参加があり、とても有意義な「情報交換」の時間とすることができました。
 それぞれの施設には設置目的があり、地域によってそのニーズは様々です。今回のサロンでは「地域特性を活かした市民活動支援」の大切さが確認されました。各施設において、重要視する支援機能は異なりますが、今、必要とされている「支援」、指定管理者の私たちにできる「支援」とは一体どのような事でしょうか。
 一つはやはり、「ネットワーク機能」だと思います。個々の団体ではなかなかすることが難しいからです。
日常的に市民活動団体同士や、団体と市民、行政と団体をつなげる様な場を創りだすことができればいいなと考えています。
皆様はいかがでしょうか?
現在、この投稿に対する返信は…

本当に必要な市民活動の「支援」とは? スタッフ:オウジ - 2009/08/26 20:35:06
ネットワーク機能について スタッフ:みどり - 2009/08/29 15:38:16
記事一覧へ
前の画面へもどる ページトップへ