サポセン会議室ホーム > 市民活動サポートセンターの明日について語る部屋

カテゴリ  市民活動サポートセンターへの提言・意見・苦言
テーマ 市民活動サポートセンターの明日について語る部屋
コメント 市民活動サポートセンターへの提言や意見、苦言を書き込める会議室です。
利用者と運営者の双方向コミュニケーションだけではく、利用者どうしの意見交換の場としても活用してもらい、市民活動サポートセンターをよりよく有効に利用できるよう、建設的な議論を重ねていきたいと思います。
 
記事一覧へ

タイトル サポセンの役割は理解されにくい?
投稿者 投稿者:スタッフ:赤組
投稿日:2010/02/14 11:15:40
クロマリさん。ご意見ありがとうございます。

サポセンを運営しているスタッフは、全ての来館者と良い関係でありたいと思っています。

サポセン本来の役割からはずれた目的でやってくる人にも、「納得して」「自発的に」「遠慮」してもらいたいのですが、なかなかこちらの思いが伝わりません。掲示物・配布物などの説明文や口頭での声かけなどいろいろ工夫していますが、そもそも「市民活動」ということに対する社会的な価値が認識されていないと言葉が通じません。同じ日本語なのですが、まるで違う言語を話しているようなものです。特に「税金の無駄遣い」ということをよく主張されますが、「あなたに書斎を提供するのが税金の役割でしょうか?」と、逆に問いかけたくもなります。

サポセンには、市民活動や新しい公共に対する理解をひろげる役割も期待されています。その期待のなんと重いことか!

クロマリさんのような意見をくださる方たちが、サポセンのラウンジを個人の書斎のように使っている方たちと、意見交換できるような場面はつくり出せないものでしょうか。

ラウンジで個人勉強している来館者の多くは、耳栓やヘッドホンで周囲の音をシャットアウトしています。中央ラウンジで「サポセンライブ」などの仕掛けを繰り出すと、一部はその場に留まり耳を傾け、一部は無視して勉強を継続、一部はその時間だけどこかに行ってしまいます。その場に留まって耳を傾けてくれる一部の来館者が含まれているかぎり、目的外の個人的利用を受け入れることにも希望があると考えている状況です…。
現在、この投稿に対する返信は…

ラウンジの利用ルールについて スタッフ:赤組 - 2010/01/21 19:32:38
Re: ラウンジの利用ルールについて R・クロマリ - 2010/02/12 11:49:50
サポセンの役割は理解されにくい? スタッフ:赤組 - 2010/02/14 11:15:40
記事一覧へ
前の画面へもどる ページトップへ