サポセン会議室ホーム > 市民活動サポートセンターの明日について語る部屋

カテゴリ  市民活動サポートセンターへの提言・意見・苦言
テーマ 市民活動サポートセンターの明日について語る部屋
コメント 市民活動サポートセンターへの提言や意見、苦言を書き込める会議室です。
利用者と運営者の双方向コミュニケーションだけではく、利用者どうしの意見交換の場としても活用してもらい、市民活動サポートセンターをよりよく有効に利用できるよう、建設的な議論を重ねていきたいと思います。
 
記事一覧へ

タイトル Re: ラウンジの利用ルールについて
投稿者 投稿者:R・クロマリ
投稿日:2010/02/12 11:49:50
ある公立図書館では来館者が本の閲覧以外(目的外)に席を使用することを積極的に認めています。一部は個人ブース(キャレル席)で、セカンドオフィスとして使用できるようになっています。もちろん無線・有線LANも完備。今までの図書館のイメージを打ち破った基本理念を行政が示し、指定管理者が運営しています。

と聞くと、とても素晴らしい施設に思えますが、実はわけがあります。それはこの図書館のロケーションです。オフィス街のど真ん中のビルの9階・10階。周辺に住宅はなく、ビルにはコンビニが1店だけ(それも土日は休み)。つまり非常に間口の狭い施設だから、中は開放的にできるんですね。

翻って、サポセンは間口が果てしなく広い場所にあります(全開!)。そこで目的外使用を同じようにできるかと言えば、もちろん無理がありますよね。

現在では学生がラウンジを使用して勉強しています。紆余曲折を経て、学生たちの居場所としてもはやサポセンの風景となりました。それを排除するべきだとはもはや思えません。

けれど、サポセンの基本理念に鑑みればこれ以上の領土拡張(?)は必要ないと考えます。大人の席ってなんでしょうか?勉強したいならいっしょにすればいいことです。居心地が悪いなら来なくてよろしい。むしろ世代間交流のつもりで混じってみてはどうでしょうか。

「席が空いているなら(目的外にも)使わせてほしい」というご希望には「本来の利用目的で来る人のためにその席は空けておいてほしい」と願わずにはいられません。サポセンは人と人が繋がる場所です。キャレル席は必要ありません。
現在、この投稿に対する返信は…

ラウンジの利用ルールについて スタッフ:赤組 - 2010/01/21 19:32:38
Re: ラウンジの利用ルールについて R・クロマリ - 2010/02/12 11:49:50
サポセンの役割は理解されにくい? スタッフ:赤組 - 2010/02/14 11:15:40
記事一覧へ
前の画面へもどる ページトップへ